中山永次郎とはどういう人物なのか?

ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本国内だけにとどまらず国外にも多数のホテルやリゾート施設、ゴルフ場、オフィスビルにいたるまで手掛けています。

そんなフィナンシャルの責任者として様々な活躍を見せてきた中山永次郎氏ですが、その大胆かつ綿密な事業アイディアは一風変わっており、目を見張るものがあります。ターンアラウンドマネージャー、そしてコンサルタントとして寂れた日本全国の旅館やホテルを瞬く間に復活させた功績を持っており、同業者からも一目置かれる存在であることは周知の事実であります。
業界きっての手腕家として有名な中山永次郎氏は、数々の旅館やホテルを財政危機から救ったことから“再生請負人”という少々ユニークなあだ名がついているほど。一般人では考えつかないようなアイディア、そして現場を経験した者としての目線で編み出す発想は、革新的で並大抵の人間ではつとまるものではないように思います。
このような大きな仕事には、様々な方向からの重圧、嫉妬、弊害というのがつきものですが、奇才・中山永次郎氏の前には全く影響のないことなのでしょう。

中山永次郎氏はそれだけではなく、たびたび、旅館・ホテル再生のセミナーを開催しています。
自らこれまでの業界で学んだものを役立ててほしいと、惜しみなく幅広い知識・才能を披露しています。参加者は主にホテル・旅館などの業界関係者。“再生請負人”である中山永次郎氏の話を聞きたいと多くの業界人が足を運んでいます。
こういったセミナーでは精神論を語り満足する者が多いのですが、中山永次郎氏のセミナーは一般的なセミナーとは違い、成功例に基づき具体的・実践的な話をするため、「わかりやすく、非常に勉強になった」、「なんとかなる気がする」、「考え方が変わった。参加してよかった」等というポジティブな声が多く寄せられています。

中山永次郎氏の発言で、考え方が大きく変わり、早速実践に移した業界者も少なくありません。その発言とは、『つぶれてしまうホテル・旅館には共通の症状がある。』この言葉を聞いて、自分の経営するホテルと照らし合わせ、「ハッ」とさせられるのだそう。
現場で働くスタッフと、経営側の双方のコミュニケーション、そして仕入情報等の共有がいかに重要であるのか、そこに大きなpointがあるといいます。同じホテルで働く者同士で考え方が異なるというのは、イコール目指す先にあるビジョンも相違するということであり、本来あってはならないこと。
しかし、いつの間にかズレが生じ、お互いに信用していないという関係が少なくないのだそう。互いに歩み寄り、経営側と現場スタッフの距離を近づけ、様々な意見を聞き取り入れていくことが、経営難を救う鍵となると中山永次郎氏は考えるのでしょう。

中山永次郎氏の持って生まれた天賦の才。ここまでで大方は理解してもらえたことでしょう。どんな困難があったとしても必ずやり遂げ、結果を出す、何が何でも諦めない心をもつ。それこそが、中山永次郎氏の真髄なのです。
取締役社長をつとめるANAクラウンプラザホテル京都を利用してみれば、それを実感することができるのではないでしょうか。まわりにあるような他のホテルとは一風変わった快適性・サービスを受けることができ、ラグジュアリーな空間と特別な時間を過ごせること間違いなしです。
親切丁寧な接客サービスはもちろんのこと、お食事、お風呂、設備にいたるまで満足できるホテルは中山永次郎氏が取締役社長をつとめるANAクラウンプラザホテル京都を差し置いて他に思いつきません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  2. 家の掃除というのはできれば毎日やった方が当然いいのですが、働いているとそうは言っていられないのが現実…
  3. 熱海 税理士をお探しの方は江島税務会計事務所に相談することをおすすめします。平成16年に創業してから…
ページ上部へ戻る